幼保連携型認定こども園 道徳保育園

養護の行き届いた環境のもとで、心身ともにたくましく育つことを目的として日々保育にあたっています。

園の概要

沿革

戦争が終結しても、まだ世の中全体が混沌としていた昭和22年。ここ南区には、幼い子どもたちを保育する施設がどこにも残っておらず、辺りには行き場を失った子どもたちが大勢いました。
そんな状況に危機感を覚えた創立者横井喜太郎は一念発起し、幾度の空襲に遭いながらも奇跡的に戦火を免れた自宅(初代園舎)を開放、名古屋市内では一番の早さで保育所を開設しました。
それが今の道徳保育園の始まりです。それから67年。途中、伊勢湾台風に見舞われながらも園児たちの笑顔に支えられて徐々にその規模を拡大、現在に至ります。

昭和22年2月横井喜太郎は戦後の混乱期にいち早く幼児の健全な育成を目指し「道徳幼児園」として創立する。
昭和23年4月愛知県知事より認可を受ける。
昭和26年4月横井喜太郎は南区笠寺に「笠寺幼児園」を創設。
昭和34年9月伊勢湾台風により破壊的被害を受けるも再建する。
昭和51年3月幼児の一層の幸せを目指し、厚生大臣より社会福祉法人の認可を受ける。
平成11年3月国・名古屋市の補助を受け、最新の設備を持つ近代的園舎に一新する。
平成27年4月幼保連携型認定こども園に移行し、保育・教育を一体的に提供する施設となる。
平成28年4月南区氷室町に民間移管園として「みなみほいくえん」を創設。
平成29年2月道徳保育園創立70周年記念式典